森永デザート株式会社

    

  



   商 工 団 地 内 本      社
所   在   地 鳥栖市藤木町字若桜5-2 同 左
代表者役職・氏名 代表取締役社長  五十嵐 司
T    E    L 0942−85−3322
F    A    X 0942−85−3389
従  業  員  数 180名
U    R    L                 
E − m a i l      
設        立 昭和55年1月
資   本   金 4億5,000万円
業        種 製造業


営業内容


冷菓製造業。


企業紹介


楽しさとうるおいのある食生活のなかで、アイスクリームは、着実に根をおろしつつあります。
森永デザート株式会社は森永製菓株式会社が全額出資して設立された冷菓専門の生産会社です。
業界有数の設備を誇り森永グループの西日本地区に於ける生産拠点として‘おいしく、たのし
く、すこやかに‘を企業理念とし、明るく清潔な職場で全員が楽しく、のびのびと仕事に取り
組んでおり、皆様に愛される森永グループの一員として発展している会社です。


最新のコンピュータシステム


− プロセスコンピューターによる製造システム −

森永6jpg.jpg (12671 バイト) 森永3jpg.jpg (69124 バイト)
製造コンピュータルーム   仕込ライン                    

森永デザート新鋭工場の最も重要な、心臓部としてのプロセスコンピューター制御は、主原料の受入チェックから始まって、多品種の原料配合はもとより、殺菌エージングに至るまで、一貫した高度な生産工程の自動化導入によって、品質管理面に於いても、極めて信頼性も高く、生産コストの低減と省エネルギー化、製品の多様化、高機能の対応にも優れ、楽しくより美味しいアイスクリーム製品が多種類生産されております。

最大級の立体冷蔵庫(冷凍立体自動倉庫システム)

森永4jpg.jpg (42912 バイト) 森永5jpg.jpg (46399 バイト)

 生産ラインからの入庫は、パレタイザーにより無人化で行なわれ、立体自動倉庫は高さ30mで40万ケースの保管能力があります。得意先向出庫は、受注データのオンライン化よりピッキングステーションのデジタル表示盤に、製品コードと数量が表示され、順次ピッキングされます。このシステムのコントロールは、すべてコンピューターで行なわれ、立体自動倉庫を中心とした入出庫システムは業界有数の機能を備えています。


社内スポーツ大会風景



次世代育成支援への取り組み

 森永デザート鰍ヘ、従業員が仕事と子育てを両立させることができ、従業員全員が働きやすい環境を作ることで、全ての従業員が個々の能力を向上しかつその能力を最大限発揮できるようにするため、次の行動計画を策定しています。

  

 次世代育成支援対策における行動計画

  1.計画期間   平成27年4月1日から平成32年3月31日 (5年間)

  2.計画内容

   T.雇用環境の整備に関する事項

   (1) 子育てを行なう労働者等の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境
     の整備                                          

 【目標1】

       計画期間内に育児休業取得状況を次の水準にする。
        ( 男性従業員  期間中  2名以上 )

 【目標2】

       男性の育児休業の利用促進及び短時間勤務や連続休暇取得による働き方や
       休み方の見直しに関する教宣活動を年1回以上取り組む

   (2) 働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備             

 【目標3】

       従業員の3日以上の連続休暇取得率を計画最終年度までに95%以上とする。

 



企業一覧へ      団地配置図へ      HOMEへ